【マドンナ】のエロ動画(7ページ)

    夫よりも義父を愛して…。 [JUX-922]
    夫よりも義父を愛して…。 asouharuka

    夫の海外赴任を来週に控え、義父・透が一人で暮らす夫の実家にやって来た遥。そんな大切な時期に夫の浮気を知ってしまい遥は夫だけでなく、男に対する信用も出来なくなっていた。しかし、義父・透だけは特別だった。ひとりの男として愛していた。そんな義父と一緒に居られるのも残すところ1週間。遥は眠っている義父に跨り、そっと唇を重ねると自ら股間を擦りつけ密かに抱いていた想いと欲情を大胆に曝け出していくのだった…。

    膣奥の向こう側 夫では味わえない三本番 [JUY-204]
    膣奥の向こう側 夫では味わえない三本番 akiyamamisaki

    理想の専業主婦 Madonna専属≪秋山美咲≫第二弾!!本物人妻×膣奥開発ドキュメント!!初めて貫かれた膣奥の向こう側、突かれるたびに忘れゆく罪悪感、ただひたすら獣のように交わる"夫では味わえない"3本番!!理想の専業主婦を狂わせる、衝撃の最深部エクスタシー!!『きれい好きな人妻が、グロテスクな肉棒に溺れる―。』

    アナルに魅せられた人妻 〜刺激的な尻穴の快楽に溺れて〜 [JUY-210]
    アナルに魅せられた人妻 〜刺激的な尻穴の快楽に溺れて〜 kanohana

    夫の友人・佐伯が久しぶりに訪れて、再会を喜ぶ妻の花。しかし、これが人生を大きく狂わせる出会いになるとは夢にも思わなかった。ある日、夫が忘年会でもらってきたアナルパールを花は興味半分でこっそり使用してみるのだが…。それを家に来た佐伯に知られてしまい、逆らう事も出来ずアナルを犯されてしまう。夫の友人に弄られた尻穴は焼けるような熱さが残り、身体の疼きを抑えられない花は悶々と過ごしていると…。

    キャリアウーマン男漁り あぁ〜オンナで良かった〜 [JUY-206]
    キャリアウーマン男漁り あぁ〜オンナで良かった〜 mizukinao

    仕事も出来て、プライベートも充実。人妻であり敏腕女上司…公私共に隙なしのイイ女風・奈緒。しかし、奈緒は飢えていた。『だってそうでしょう?』地球上に男は何人いると言うの…。それなのに、最近の男はいわゆる「草食男子」ばかり…。奈緒の勤める会社も例外ではない。そんな職場にイイ女風の奈緒は飽き飽き。そして、肉付きの良い身体をくねらせ、イイ匂いをまき散らせながら今日も部下達に「オンナ」を教えていく…。

    シロウト妻の職場にアポなし訪問!! 都内人気パスタ屋で働く隠れデカ尻Fカップの看板奥様(仮)あいかさんAVデビュー!! [JUY-201]
    シロウト妻の職場にアポなし訪問!! 都内人気パスタ屋で働く隠れデカ尻Fカップの看板奥様(仮)あいかさんAVデビュー!! Actress Name: Unknown

    シロウト妻の職場にアポなし訪問シリーズ第1弾!! 今回は、都内人気パスタ屋で働く隠れデカ尻Fカップの看板奥様(仮)あいかさん。常連客に大人気のあいかさんは、超ムッツリなスキモノ奥様!! 接客中に遠隔ローターON!!仕事帰りを待ち伏せしてラブホテルに直行!!数日間にわたる密着初撮りドキュメンタリー全3本番です!!

    夫の留守、自宅にセフレを招いてセックスに溺れる人妻 [OBA-348]
    夫の留守、自宅にセフレを招いてセックスに溺れる人妻 kataokanagisa

    夫と息子と実家へ帰省する予定だった前日、妻・なぎさにセフレの大島から明日休みがとれたから会いたいと連絡があった。一度は断るなぎさだったが、明日を逃したら次いつ会えるかわからないという焦りと、欲求不満爆発中の身体を抑えられないなぎさは、夫と息子に必死で嘘をついてひとり自宅に残りセフレを迎え入れるのだった。一つ屋根の下で一日中二人きり、人目を気にせず欲望のままにただひたすら身体を重ねて…。

    声を出せずに堕ちた私 -夫まで距離1メートル未満の喘ぎ我慢- [JUY-207]
    声を出せずに堕ちた私 -夫まで距離1メートル未満の喘ぎ我慢- wakabakana

    6年前に告白を受けて断った同僚の男・和也さん。その後、和也さんは子会社であるデトロイトの鉄鋼場に転勤して、私は当時部長だった夫と結婚した。そして今日、私は和也さんと再会した。デトロイトから帰って来た和也さんは、見違えるほど男らしくなっていた。夫が酔い潰れて眠ると同時に、和也さんは強引に私を求めて来ました。夫のすぐ隣で歯を食いしばり必死で声を押し殺す私は、いつしかその異常なスリルに興奮を覚えて…。

    夫は知らない 〜私の淫らな欲望と秘密〜 [JUY-203]
    夫は知らない 〜私の淫らな欲望と秘密〜 kasekanako

    今の住居が手狭になり、そろそろ引っ越しを考えている加瀬夫妻。夫の知人・谷山に優良物件を紹介してもらう事になったのだが…。離婚して心の寂しさを抱えていた谷山は、一人で内覧に訪れた妻・かなこの隙だらけの姿に欲情して、本能のままに彼女を押し倒す。夫とセックスレスだったかなこは、今まで感じたことがない肉棒の硬さと激しさに我を忘れ感じるのだった。いけない事と知りながらも、彼女は谷山との行為が忘れられず…。

    過去にご主人様と呼んでいた男 [JUY-209]
    過去にご主人様と呼んでいた男 kirishimarino

    結婚して3年…りのは愛する夫と満たされた日々を過ごしていた。しかし、ある日から自宅に無言電話がかかってくるようになる。相手が誰なのかもわからず不安を抱いていた時、電話口から聞こえてきた声…聞いた途端、りのの身体は凍りつく。忘れる筈もない、忘れられるわけがない…この声、夫と結婚する3年前まですべてを捧げ、快楽の虜になっていた男だったのだ。そして、過去が蘇り身体を熱くするりのの前にその男は現れて…。

    ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… [JUY-205]
    ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… okanomiyuki

    夫の事業が失敗し、夫の実家に居候が決まり、少々肩身が狭い妻の美由紀。一方、資産家の義父・敏治は年を重ねても性欲旺盛で、息子の嫁・美由紀の美しさに欲情して何とか関係を持てないかと日々考え悶々としていた。そして、とうとう我慢の限界に達した敏治は、美由紀が自分に逆らえず言いなりになるよう仕組み、なし崩しにその操を奪うのだった。これに味を占めた敏治は、この日を境に美由紀の肉体をとことん弄び…。

    『息子の友人に告白されてもう我慢の限界です…』美熟母・由良翠42歳 AVデビュー!! [OBA-347]
    『息子の友人に告白されてもう我慢の限界です…』美熟母・由良翠42歳 AVデビュー!! yuramidori

    学生の息子を持つ翠さんは深刻な悩みを抱えている。それは、息子の友人・A君が原因。年頃の若い男の子に翠さんの美しさと大きな胸は罪だ。そんな翠さんにA君は恋をしたのだ。若い子に好かれるのは翠さんも嬉しい。しかし相手は息子の友人。「いけない」という気持ちと疼く身体…このままでは過ちを犯してしまう。そして悩んだ翠さんは息子の友人に似た若い男優とのSEXで解消する事を選んだのだ…。

    初撮り本物人妻 AV出演ドキュメント 白金台で働く8頭身ネイリスト 竹内麻耶 33歳 AVデビュー!! [JUY-200]
    初撮り本物人妻 AV出演ドキュメント 白金台で働く8頭身ネイリスト 竹内麻耶 33歳 AVデビュー!! takeuchimaya

    今回は、白金台で働く8頭身ネイリストの人妻≪竹内麻耶≫さん33歳がマドンナ専属AVデビュー!!『女性としか接しない仕事に就いて12年、私は男を欲していたのかもしれません―。』結婚9年目…満たされない夫婦生活を過ごしてきた奥様の、刺激に飢えた超豪快な初不貞セックス。シロガネーゼらしからぬイキっぷり、欲望全開3本番です!!

    人妻女教師痴漢電車 〜理性を狂わせる羞恥絶頂〜 [JUY-208]
    人妻女教師痴漢電車 〜理性を狂わせる羞恥絶頂〜 matsuyukikanae

    いつも通りの通勤電車だったはずなのに…。痴漢に弄ばれたあの日から、全てが一変したかなえ。夫がそばにいようとお構いなしに満員電車の中、責め立ててくる痴漢の卑劣な行為に憤りを覚えながらも、身体はスリルと興奮を覚えて股間を濡らすのだった。繰り返される卑猥な日常にいけない事と分かっていながらも、かなえはいつの間にか痴漢に出会う事を密かに期待して今日も電車に乗り込むのだった…。

    夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 [JUY-202]
    夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 tachibanamisuzu

    夫が世話になった上司・神木支社長が、監査部から横領を疑われ一週間上京する事になった。それを知った夫は、恩を返したいという想いを込めて自宅に神木支社長を招きもてなす事にしたのです。しかし、神木支社長は善意を利用して私の身体に迫ってきました。犯される度に、私は夫への罪悪感に押し潰されました。そして7日後、我が家に二人の主人がいる錯覚を覚えました。私の心は二つに張り裂けました、でも私の身体は…。

    ドM妻の取扱説明書 [JUX-914]
    ドM妻の取扱説明書 kawakamiyuu

    あなたの好きなように私を扱って欲しい。優柔不断なところがあります。自分では何も決められなくて、男の人に全て決めてもらいたい。たとえ間違っていてもいいの、私は従うのが好きだから。でも、言う通りに出来た時は褒めて欲しい。あなたの好きな服を着て、あなたの望むことをして、いつもあなたの気配を感じて飼い犬みたいにあなたの足音を待っている。こんな私をどうか、絶対に許さないでね、こんな私にずっと罰を与えてね。

プロステート・ギア

en